So-net無料ブログ作成
検索選択

女子美術大学×武蔵野美術大学×電通 人権アート・プロジェクト ポスター展 [人権アート プロジェクト]

展覧会のお知らせです。

女子美術大学×武蔵野美術大学×電通
人権アート・プロジェクト ポスター展


期間:2009年3月16日(月)~4月3日(金) 
10:00~18:00 土日・祝日は休み 入場無料
会場:電通本社ビル2階特設ギャラリー
〒105-7001 東京都港区東新橋1-8-1

株式会社電通は、女子美術大学および武蔵野美術大学と共同で、人権をメッセージするポスターの制作に取り組んできました。この度、その活動を紹介するポスター展を3月16日から電通本社ビルにて開催します。

これは、電通社内でつくられた人権のメッセージに、美術大学の学生がビジュアルデザインを考えて「人権ポスター」を作る活動です。「人権アート・プロジェクト」と呼ぶこのコラボレーションは、2007年に女子美術大学と電通との間で始まり、2008年には武蔵野美術大学も加わりました。学生と電通のクリエーターで、アイディアやデザインの検討を重ねて制作します。2008年は約60人の学生が参加し、約70点の作品が生まれました。

もともと電通では1988年から毎年、社内啓発活動として、人権をテーマにしたショートメッセージ(人権スローガン)を社内で募集し、それをもとにクリエーターの手で人権ポスターを自主制作してきました。広告のように、わかりやすく心に残る表現で人権を伝えるポスターです。近年では自治体などから貸出しの依頼があり、全国の人権啓発の催しで利用されています。

この広告の手法を活用した人権ポスターの制作を社内活動にとどめず、社外の人との協働活動にしようという試みが、「人権アート・プロジェクト」です。美術大学にとってこの活動は、アート制作を通して人権意識を養う場であり、アートが社会の中でできることを探求する場です。参加した学生からは「人権について自分なりのイメージが湧くようになった」「深く考えるきっかけになった」という感想が寄せられています。一方、広告会社にとってこの活動は、広告の仕事で培ったコミュニケーションスキルを社会の課題である人権のために役立てるCSR活動です。
jinken.jpg
今回のポスター展では、2008年に学生が制作した人権ポスター約70点を一堂にご紹介します。ユーモアや洞察を含ませながら、自分の目線で人権を伝えようとする表現の数々を、ご覧いただければ幸いです。


タグ:人権 電通
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。